海の生き物を当てる

動物の名前生息場所などを学んだオキナインコのふーちゃんに、海洋生物の名前を教えてみました。これは、ふーちゃんが、どこまで興味を持って学ぶことができるか?といった実験も兼ねています。

海洋生物のフィギュアを用意し、図鑑やTVを見せて、どういった生き物であるか?を、ふーちゃんに説明します。

海洋生物1_1
海洋生物を学ぶふーちゃん

クジラ、アザラシ、サメ、エイ、タコ、クラゲ、貝、イソギンチャクなど、およそ、ふーちゃんの日常生活とは全く関わりのない生き物たちですが、ふーちゃんは興味を持って、どんどん覚えるので、どんどん教えてみました。

海洋生物1_2
ふーちゃんの海洋生物コレクション

ふーちゃんが海洋生物の名前を覚えたかどうか?は、ふーちゃんに、正解の生き物を突っついてもらいます。
今回は、ヒトデ、エビ、ウミガメ、ナマコ、タツノオトシゴの5つのフィギュアを使って、本番にチャレンジします。
それでは、海洋生物当て芸スタート!

海洋生物1_3
海洋生物のフィギュアをふーちゃんの前に並べておきます。

最初に、「エビはどれ?」と伝えると、

海洋生物1_4
エビは?

ふーちゃんは、エビのフィギュアを突っつきました。

海洋生物1_5
エビのフィギュアをコン!

次に、「ナマコはどれ?」と伝えると、ふーちゃんは、ナマコのフィギュアを突っつきました。

海洋生物1_6
ナマコのフィギュアをコン!

ふーちゃんは、正解すると、嬉しそうな顔をします。

海洋生物1_7
正解を喜ぶ、ふーちゃん

続けて、「ヒトデはどれ?」「ウミガメはどれ?」と伝えると、ふーちゃんは、ヒトデとウミガメのフィギュアを突っつきました。

海洋生物1_8
ヒトデのフィギュアをコン!

海洋生物1_9
ウミガメのフィギュアをコン!

最後に、「タツノオトシゴはどれ?」と伝えると、

海洋生物1_10
タツノオトシゴは?

ふーちゃんは、タツノオトシゴのフィギュアを突っつきました。

海洋生物1_11
タツノオトシゴのフィギュアをコン!

これにて、終了。よくできました!

海洋生物1_12
ごほうび待ちのふーちゃん

教えれば、ふーちゃんは、固有名詞でも海洋生物を識別できました。例えば、シロナガスクジラ、マッコウクジラ、ジンベエザメなどです。そして、いくつかの生物については、大きさも理解しているため、大きな生き物はどれか?を尋ねると、シロナガスクジラを突っつきました。また、微妙な違いの、アザラシ、トド、セイウチ、アシカ、も見分けることができました。

ペットの鳥さんに関係のない事は教えなくてもいい、というような内容の飼育本を読んだことがあります。けれども、中には、いろいろな事を学びたい!と思っている鳥さんがいると思います。私とふーちゃんの場合では、決定権はふーちゃんにあり、ふーちゃんが学びたい!という意欲を見せたら教えることにしています。

例えば、新しい図鑑の表紙を見せて「お外から、ふーちゃんのブックを持ってきたよ、明日、お勉強するよ!」と言うと、ふーちゃんは、目をキラキラさせて、とっても嬉しそうな顔をします。今回の海洋生物のフィギュアを見せた時も、「お外から、ふーちゃんのおもちゃを持ってきたよ、これでお勉強するよ!」と伝えると、嬉しそうにしていました。

つまり、ふーちゃんは、新しい事を学ぶのが大好きなんですねぇ。鳥類の中には、「ナマコ」や「タツノオトシゴ」が分かる鳥さんがいる!っていうのも、なかなか面白いですねぇ(笑)

オキナインコ ふーちゃんの芸の動画:海の生き物を当てる


ランキングに参加していますので、ポチッをお願いします


にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
鳥類の知能の高さに注目し、独自に研究しています。
オキナインコのふーちゃん(メス、5歳)は、人間の6歳児以上の知能があるようで、1000以上の言葉を理解し、300以上の芸ができます。色(14色)や数字(0~50000)を識別し、数式の足し算・引き算・掛け算・割り算ができ、数百の英単語や日本語を読むこともできます。
鳥のふーちゃんの学習方法は、人間の子供にも役立つかも?!鳥類の地位向上のために、ふーちゃんが頑張ります!

最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR