[総集編] 鳥類のすごい能力発見!120までを瞬時に数える

今回の実験では、オキナインコのふーちゃんは、120個のボールの数を数えることができました。しかも、瞬時にです。この瞬時に数えることができる能力に気づいたのは、答え合わせの時、トータルの数を私が一つ一つカウントしていると、20~30ぐらいで、ふーちゃんに「ウェッ!」(遅い!)と、よく怒られたからです。

最初は、「えっ?まさか!こんなにたくさんの物を即座に数えられるの?」と思ったのですが、ふーちゃんは、何度でも、いとも簡単にやってのけるので、これはもう間違いなく、鳥類が備えている驚くべき能力の一つなんだと確信しました。

この能力は、ふーちゃんだけではなく、おそらく、多くの鳥類が備えているものだと思います。上空から瞬時に食べ物を探すことができる鳥類は、数を把握する能力においては、人間より格段に上ですね。

ボールを数える2_10_1

今回は、ふーちゃんに協力してもらい、120までの数字を試してみましたが、教えれば、さらにその上の数字も理解できると思います。

オキナインコ ふーちゃんの芸の動画:[総集編] 鳥類のすごい能力発見!120までを瞬時に数える


以下は、今回の実験をおこなうきっかけについてと、数字トレーニングの紹介です。

3桁までの数字を教える前に、ふーちゃんは、すでに0~9までの数字を理解しており、0が小さく9が大きいという数字の大小の概念も認識できていました。大好物のヒマワリの種のイラストで9までの数字を説明すると、より分かりやすかったようです。0~9の中で好きな数字をふーちゃんに尋ねてみると、以前は0が好きだったふーちゃんですが、数字の大小の意味が分かると、ヒマワリの種がたくさんの9が好きになったとのことでした。(本物のヒマワリの種を使って、数字の説明もしてみたのですが、ふーちゃんが興奮しすぎてトレーニングにならなかったため、イラストで代用しました)

ボールを数える2_10_4
0~9までの数字の説明

さて、ふーちゃんの健康管理の一環として、毎日、体重測定をおこなっています。ふーちゃんの体重は約100gで、日によって増減があるため、99gの時もあれば103gの時もあります。体重測定の時に体重の数値を読んであげると、ふーちゃんが喜ぶので、99gの時は「今日の体重はナインナイン、スモール(小さい)ふーちゃん」、103gの時は「今日の体重はワンゼロスリー、ラージ(大きい)ふーちゃん!」と、伝えていました。ところが、ふーちゃんからすれば、矛盾したことを私が言っていることになっていました。なぜなら、9は大きい数字、0~3などは小さい数字と教えていたので、ふーちゃんからすると、数字的には99が大きく、103が小さいということになります。

この矛盾を正さねば!ということで、ふーちゃんに、3桁までの数字を教えてみたい!と思ったのが、この実験をおこなうきっかけになりました。3桁の数字を学べるものがないか?を探してみたところ、子供用の知育玩具を見つけました!

ボールを数える2_10_2
120までの数字を学べる「くもんの玉そろばん120」

これは、120までの数字が並んでおり、赤や青の玉を移動して、数を数えることができるようになっていました。0の数字は自作して、1の隣に貼り、これを使って、ふーちゃんに2~3桁の数字を教えました。2~3桁の数字の読み方は、ふーちゃんが分かる0~9の読み方で全て統一し、12ならワン、ツー、120ならワン、ツー、ゼロとしました。元々数字の概念を理解していたふーちゃんなので、約1時間(1日約20分)ほどで120までの数字をマスターしました。

そして、今度は実践です。小さな布製のボールを並べて、ふーちゃんに個数を数えてもらい、正解の数字をふーちゃんに突っついてもらいます。数字はラミネートフィルムで作成したものを、ふーちゃんの前に置いておきます。

すんなりマスターしたように見えたふーちゃんでしたが、中には、混乱する数字もありました。
それは、2桁の数字で、同じ数字が3桁の中にも含まれているものでした。例えば、10と110、11と111、などです。当初、10が答えなのに、110を突っついていたふーちゃんですが、「10と110は一緒違う!」「10はスモール、110はラージ」というように教えると、間違えなくなりました。

ふーちゃんは、上、下という言葉の意味も分かるので、上の数字はスモール(小さい)、下の数字はラージ(大きい)という、120までの大小の概念も教えました。(ちなみに、0~120までの数字を4~5枚ずつ、ランダムに配置し、「ラージナンバーはどれ?」「スモールナンバーはどれ?」といった質問にも、ふーちゃんは、正解の数字を突っついて答えることができます)

これで、ふーちゃんの体重に関する矛盾が解消され、102g以下の時はスモールふーちゃん、103g以上の時はラージふーちゃんと伝え、ふーちゃん自身も体重の数値の意味を理解できるようになりました。
例えば、ラージふーちゃんの時には、「ごはんいっぱい食べたね。お利口だね!」と言うと、ふーちゃんはとても喜び、逆に「今日はスモールふーちゃん。ごはんもっと食べたら?」と言うと、ふーちゃんは、再び、ごはんを食べに行きます。今では、体重測定前に、一生懸命ごはんを食べて体重を増やそうとするようになり、自分が納得するまで、体重計に乗ってくれなくなりました(笑)

体重測定がきっかけで、鳥類が数字に強い!という事実に気づくことができたのは、なんとも面白い出来事でした。そして、120までの数字を学んだふーちゃんに、一番好きな数字を尋ねてみたところ、120を選びました。きっと、ふーちゃんの頭の中には、ヒマワリの種が120個、並んでいることでしょう(笑)

ボールを数える2_10_3
今日の体重は104g。ラージふーちゃんなので、ちょっと誇らしげ。

ランキングに参加していますので、ポチッをお願いします


にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村

数える、数式の計算関連の参考トレーニング:
お買い物トレーニング(高難度)
分数を理解する(高難度)
大きい数字の計算をする(高難度)
暗算をする(高難度)
数式の割り算をする(高難度)
数式の掛け算をする(高難度)
数式の難しい計算をする(高難度)
数式の引き算をする(高難度)
数式の足し算をする(高難度)
同じ種類の動物の数を当てる(高難度)
おもちゃの足し算をする(高難度)
サイコロで視力検査をする(高難度)
音を数える(高難度)
0の数字トレーニング(高難度)
8までの足し算をする(高難度)
5までの足し算をする(高難度)
様々な色を数える(高難度)
数字当て芸 その2(高難度)
数字当て芸 その1(高難度)

スポンサーサイト



テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
鳥類の知能の高さに注目し、独自に研究しています。
オキナインコのふーちゃん(メス、6歳)は、人間の6歳児以上の知能があるようで、1000以上の言葉を理解し、300以上の芸ができます。色(14色)や数字(0~50000)を識別し、数式の足し算・引き算・掛け算・割り算ができ、数百の英単語や日本語を読むこともできます。
鳥のふーちゃんの学習方法は、人間の子供にも役立つかも?!鳥類の地位向上のために、ふーちゃんが頑張ります!

最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR