暗算をする(高難度)

計算が得意なオキナインコのふーちゃんに、今回は、たし算・ひき算、かけ算・わり算の暗算にチャレンジしてもらうことにしました。

といっても、過去の応用なので、特に新しいことは教えず、数式を口頭で、ふーちゃんに伝えるだけ、というものです。ふーちゃんは、計算の基礎をしっかりマスターしているので、暗算であっても、あっさりやってのけました。
参考:玉そろばんを使った数字トレーニングはこちら

では、暗算芸スタート!

まず、ふーちゃんの前に、ラミネートフィルムで作成した数字を並べます。数字の読み方は、ふーちゃんが分かる0~9の読み方で統一します。

暗算1_1
正解の数字を突っついてもらいます

最初に、「+(たす)やるよ!8+4」と、ふーちゃんに伝えると

暗算1_2
8+4は何?

12を突っついたので正解です。

暗算1_3
8+4=12で正解

次に、「-(ひく)やるよ!10-4」と伝えると

暗算1_4
10-4は何?

ふーちゃんは、正解の6を突っつきました。

暗算1_5
10-4=6で正解

続けて、「×(かける)やるよ!5×3」と伝えると

暗算1_6
5×3は何?

15を突っついたので正解です。

暗算1_7
5×3=15で正解

最後に、「÷(わる)やるよ!100÷50」と伝えると

暗算1_8
100÷50は何?

ふーちゃんは、正解の2を突っつきました。

暗算1_9
100÷50=2で正解

見事、全問正解です!

暗算1_10
カメラ目線で得意げなふーちゃん

これにて、トレーニング終了。

暗算1_11
褒められて、お辞儀を返すふーちゃん

ふーちゃんは、120までの数字をマスターしているので、きりのよい数字であれば、大きな数字の暗算もできるようになりました。ふーちゃんにとって、計算トレーニングはとても楽しいようで、意欲的にチャレンジしています。なので、どんどん難しい課題を与えて、試してもらっています。

ふーちゃんの様子を見ていると、人は、鳥類の知能を見くびりすぎている!と、つくづく思います(笑)

オキナインコ ふーちゃんの芸の動画:暗算をする(高難度)


ランキングに参加していますので、ポチッをお願いします


にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村


数える、数式の計算関連の参考トレーニング:
お買い物トレーニング(高難度)
分数を理解する(高難度)
大きい数字の計算をする(高難度)
数式の割り算をする(高難度)
数式の掛け算をする(高難度)
数式の難しい計算をする(高難度)
数式の引き算をする(高難度)
数式の足し算をする(高難度)
同じ種類の動物の数を当てる(高難度)
おもちゃの足し算をする(高難度)
[総集編] 鳥類のすごい能力発見!120までを瞬時に数える
サイコロで視力検査をする(高難度)
音を数える(高難度)
0の数字トレーニング(高難度)
8までの足し算をする(高難度)
5までの足し算をする(高難度)
様々な色を数える(高難度)
数字当て芸 その2(高難度)
数字当て芸 その1(高難度)


スポンサーサイト

テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

課外授業に行く鳥のふーちゃん

今回は、課外授業に行くオキナインコのふーちゃんのお話です。

ふーちゃんが、図鑑や写真などで覚えた昆虫類・爬虫類・鳥類などを実際に観察して、後で、「今日見たのはどれ?」と、ふーちゃんに質問することにより、記憶力・識別能力がどの程度か?を調べてみました。

暖かい季節には、蝶・蜂・蝉・蜘蛛・テントウムシ・バッタ・トンボ・カタツムリ・トカゲ・ヘビなどを、ふーちゃんと一緒に観察しました。同時に、食物・捕食・被食の関係についても説明しました。

今の寒い時期には、主に野鳥を観察します。近所の湖には、たくさんの水鳥が渡来するため、ふーちゃんと一緒に、どんな野鳥がいるのか?をチェックします。

課外授業1_1
今日は、どんな野鳥がいるかな?

ふーちゃんは数十種類の野鳥を識別することができるため、「〇〇がいるよ!」と、野鳥の名前をふーちゃんに伝えると、身を乗り出して、知っている野鳥がどこにいるのか?を探そうとします。
※野鳥を識別している確認方法としては、野鳥の写真を数枚並べて、「〇〇はどれ?」と質問し、ふーちゃんに正解のものを突っついてもらっています。

課外授業1_2
「どこどこ?」と野鳥を探すふーちゃん

課外授業1_3
水鳥を観察するふーちゃん

学習済ではあるものの、ふーちゃんが実際に初めて観察する野鳥が目の前に舞い降りた時は、とても喜び、興味津々で見入っていました。

課外授業1_4
目の前にダイサギが(ふーちゃん初見)

時には、猛禽類が現れることも。猛禽類は「バード食べるよ。怖い怖いだよ」と、ふーちゃんには教えてあります。

課外授業1_5
ふーちゃんと一緒に猛禽のチョウゲンボウ(メス)を観察
「バッタを食べてるよ」と、ふーちゃんに説明

その日に観察した野鳥について、「今日見たバード(野鳥)はどれ?」と、トレーニング時に、ふーちゃんに質問すると、正解の写真を突っつきます。これまた、ふーちゃんは、とてもよく覚えていることが分かり、「空からヒューと飛んで来て、フィッシュ(魚)を捕まえたバード(野鳥)はどれ?」と質問した時は、正解のトビの写真を突っついていました(笑)

そして、人でも識別が難しい野鳥についても、ふーちゃんは、ちゃんと区別できることが分かりました。
例えば、ハクセキレイとセグロセキレイ、ハジロカイツブリとミミカイツブリなどです(ふーちゃんは、実際に、この四種を観察済)。

課外授業1_6
ハクセキレイ [左]、セグロセキレイ [右]

ハクセキレイとセグロセキレイは、顔の色味で識別します。ふーちゃんの分かる言葉で、「ハクセキレイの顔はホワイトがラージ(大きい)、セグロセキレイの顔はブラックがラージ」と伝えると、ふーちゃんは、すんなり理解し、以後、正解の写真を突っつくことができるようになりました。

課外授業1_7
ハジロカイツブリ(冬羽) [左]、ミミカイツブリ(冬羽) [右]

冬羽のハジロカイツブリとミミカイツブリも、顔の色味で識別します。同様に、「ハジロカイツブリの顔は上がブラック・真ん中がグレー・下がホワイト、ミミカイツブリの顔は上がブラック・下がホワイト」と説明すると、こちらも、ふーちゃんは、バッチシ理解し、以後、正解の写真を突っつくようになりました。

現在、ふーちゃんは、野鳥の渡りについても勉強中です。地球儀やカレンダーを使って、どの野鳥がいつ日本に渡来し、いつ去るか?越冬地はどこか?なども、喜んで学んでいます(ふーちゃんは世界地図カレンダーが分かります)。

ふーちゃんの課外授業を通し、鳥類の記憶力と細かい識別能力に、改めて驚かされました。

課外授業1_8
どやっ!

ところで、この課外授業には、1点、問題が。それは、ふーちゃんに話しかけている時、はたから見ると、独りでブツブツ言う危ない人!に見えることです。ふーちゃんと一緒に出掛けている時は、ほぼ、しゃべりっぱなしなのです・・・。

蝉が止まった木を指差して、「ふーちゃん、蝉がいるよ!」とか、「ふーちゃん、バタフライ(蝶)がいるよ!」と言った途端、後ろを人がすっーと通り過ぎたことも・・・。

最近では、「まぁ、いっか!」っと、開き直り気味です(笑)

ランキングに参加していますので、ポチッをお願いします


にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村

テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

幼鳥時代の記憶を鳥のふーちゃんに聞いてみた

今回は、オキナインコのふーちゃんに幼鳥時代の記憶について聞いてみたお話です。

約3年前に生後約半年のふーちゃんをお迎えしたのですが、それ以前のふーちゃんの幼鳥時代については、よく分かっていません。分かっている事といえば、ふーちゃんは、アメリカから輸入されてきた鳥さんであること、日本のペットショップで、ヨウムとイエローオキナと仲良しだったことのみです(店員さんから伺いました)。

memory1
ふーちゃんの幼鳥時代は?

現時点のふーちゃんは、6歳児以上の知能があるようで、さまざまな言葉の意味を理解することができます。そこで、幼鳥時代の記憶を質問する前の下準備として、必要な情報をふーちゃんに説明しました。

<ふーちゃんへの説明>

1.動物全般の大人・子供について説明
※TV、写真、図鑑を使用

2.動物全般の親子関係、兄弟について説明
子に、ごはん(餌)を与えてくれるのが親であり、ごはんをちょうだい!と言うのが、兄弟であることを説明。
※TV、写真、図鑑を使用。私の家族写真も使用。

3.ふーちゃんを含む鳥類は、卵から生まれることを説明
※TV、写真、図鑑を使用。

4.孵化後、ふーちゃんに、ごはん(餌)を与えてくれた鳥が、ふーちゃんの親であることを説明

5.ふーちゃんはアメリカで生まれ、飛行機に乗って、日本に来たことを説明
※地球儀、飛行機の実物・写真・おもちゃを使用。

家族構成を教える際、「私の子供の時の写真を見る?」と、ふーちゃんに尋ねると、「見たい!」と笑顔で頷いたので、アルバムを見せると、ふーちゃんは興味津々で見入っていました。中には、ふーちゃんの知っているバッファローと私が一緒に写っている写真があったので、それを見せると、ふーちゃんは、のけぞって驚いていました(笑)

アルバムが何冊もたまっていて、もう、誰かに見せることもないだろうなーと思っていたら、まさか、鳥に見せることになるとは、夢にも思いませんでした(笑)

さて、ここからが本題です。幼鳥時代の記憶を、実際に、ふーちゃんに聞いてみました。

<ふーちゃんへの質問と回答>

Q1.ふーちゃんの両親は、何色だった?

A1.グリーン

※色を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました(ふーちゃんは色が分かります)。何度質問しても、グリーンを突っついたので、親鳥のことは、はっきり覚えているようです。

Q2.ふーちゃんは何人(鳥)兄弟?

A2.3

※数字を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました(ふーちゃんは数が分かります)。何度か質問すると、4も突っついたので、兄弟の数の記憶は少し曖昧かもしれません。

Q3.ふーちゃんの兄弟の羽色は?

A3.ブルーとグリーン

※色を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました。
ふーちゃんの回答から作成した家族構成図は、こうなりました↓

memory2

Q4.ふーちゃんと仲良しだったイエローオキナに、「初めまして!」と言ったのは、アメリカと日本のどっち?

A4.アメリカ

※地図を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました(ふーちゃんは世界地図が分かります)
ふーちゃんと仲良しだったイエローオキナも、アメリカから輸入された鳥さんであり、ふーちゃんと生まれた年月が一緒だったため、同ブリーダー出身かもしれません。

memory3
ふーちゃんとお友達だったイエローオキナ

ふーちゃんは、今でもこのイエローオキナのことをしっかり覚えています。数枚のイエローオキナの写真を並べて、「仲良しのお友達はどれ?」と質問すると、一発で当てることができました。

Q5.ふーちゃんと仲良しだったヨウムに、「初めまして!」を言ったのは、アメリカと日本のどっち?

A5.日本

※地図を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました。

Q6.ふーちゃんが子供の時、ふーちゃんにごはん(餌)を与えてくれた人の顔の色は何色?

A6.ホワイト(白人)

※色を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました。ホワイトは白人、ブラックは黒人、ベージュは日本人他、と教えてあります。

Q7.ふーちゃんが子供の時、ふーちゃんの羽を、はさみで「ちょっきん!」(クリッピング)した人の顔の色は何色?

A7.ホワイト(白人)

Q8.ふーちゃんが子供の時、ふーちゃんの羽をちょっきん!(クリッピング)した人の手は、大きいか小さいか?

A8.大きい

※「LARGE」(大きい)、「SMALL」(小さい)と書いた用紙を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました(ふーちゃんは英単語が読めます)

質問した時、ふーちゃんが、ちょっと悩んでいる様子だったので、「あっ、そうか!」と思い、私の手を見せて、「これはスモール(小さい)」と伝えました。すると、ラージ(大きい)を突っつきました。大きい手とのことなので、男性と想定されます。

Q9.ふーちゃんが子供の時の「おうち」(鳥カゴ)は、大きいか小さいか?

A9.小さい

※「LARGE」、「SMALL」と書いた用紙を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました。現在の「おうち」はラージなので、ふーちゃんはそれを基準としたようで、スモールを突っつきました。

Q10.小さいおうちと大きいおうちのどちらが好き?

A10.大きいおうち

※「LARGE」、「SMALL」と書いた用紙を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました。

memory4
大きいおうちが好きなふーちゃん、といっても、ほぼ放し飼いですが(笑)

Q11.日本とアメリカとでは、どちらが好き?

A11.日本

※地図を並べて、ふーちゃんに突っついてもらいました。

ふーちゃんへの質問と回答は、以上です。

上記の内容は、あくまでも、ふーちゃんから聞き出した内容をまとめたものなので、真偽のほどは分かりません(笑)
けれども、幼鳥時代の記憶をふーちゃんから聞き出したことにより、ふーちゃんが子供の頃に受けた心の傷を垣間見ることができました。

ふーちゃんによると、ふーちゃんのブリーダーは手の大きな白人男性で、その人に羽をクリッピングされたとのこと。これがトラウマとなり、今でも、大きな手を嫌がり、男性を苦手としている、ようです。

これを裏付ける証拠として、獣医さんからの話を紹介します。
ふーちゃんを初めて健康診断に連れて行った時、「この子は、羽を切られたのが相当ストレスで、カットされた部分を噛んでしまい、羽がボロボロになっているので、できれば切らない方がいいですよ」とのことでした。

今でも、「ふーちゃんの羽を、はさみでちょっきん!したのは、誰かなー?」と言うと、怒り出すことがあるので、相当根に持っているようです。なので、決して、ふーちゃんの羽を、ちょっきん!することはできません(笑)

memory5
羽を、ちょっきん!すべからず


ランキングに参加していますので、ポチッをお願いします


にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村

テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
鳥類の知能の高さに注目し、独自に研究しています。
オキナインコのふーちゃん(メス、5歳)は、人間の6歳児以上の知能があるようで、1000以上の言葉を理解し、300以上の芸ができます。色(14色)や数字(0~50000)を識別し、数式の足し算・引き算・掛け算・割り算ができ、数百の英単語や日本語を読むこともできます。
鳥のふーちゃんの学習方法は、人間の子供にも役立つかも?!鳥類の地位向上のために、ふーちゃんが頑張ります!

最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR